Aqua Technology Engineering Consultants 株式会社北海道水工コンサルタンツ トップイメージ

 

新型コロナウイルス感染症に関する対応について

 政府は、5月25日に新型コロナウイルス感染者数の減少に伴い北海道と4都県で継続していた「緊急事態宣言」を解除し、さらに6月19日からは首都圏、北海道とその他の地域をまたぐ往来について制限を解除しました。これに合わせ北海道においても6月19日から他都府県や札幌との不要不急の往来といった「慎重な対応」が解除されたところでありますが、「なお、今後も「見えない感染」の広がりを念頭におき、第3波以降の波にしっかりと備え、対策を進めていくことが重要」としております。

 このため、当社としても社内外への感染拡大防止と役職員の安全・安心確保を最優先するという考えに立ち、当分の間、「新北海道スタイル」の趣旨を踏まえ、時差出勤や体調管理の徹底はもとより、可能な限りオンライン(WEB、メ-ル等)や電話等を積極的に活用するとともに、対面で行う場合はマスク着用の徹底、テーブルへの間仕切り設置、人数制限、定期的な換気等の対策を行うこととしました。今後も関係者各位には、何卒ご理解と協力を賜りますようお願い申し上げます。

令和3年度 新卒採用情報を更新

令和3年度卒向けの新卒採用を開始しました。

技術士試験対策講座スタート

希望者を対象とした社内のベテラン技術士による技術士試験対策講座がスタートします。今年は、例年よりも早期に開始しますので、早めの受験準備ができると思います。


史先生の水理学講座 全6回終了

史技師長(工学博士)による全6回の水理学講座が終了しました。大学での水理学の履修の有無を問わず分かり易く、実用的な講座でした。社員のレベルアップのため、来年度も予定しています。

函館建設管理部表彰

業務名:遊楽部川道単改修工事(特対)洪水浸水想定区域図作成委託

創立30周年記念 技術発表会

カミヤマビル4階会議室にて技術の向上・共有と理解を深めるため、技術発表会を行い、記念誌として技術論文を作成しました。

発表会は「育成木や林床植生の損傷に配慮した馬搬による河畔林の間引き方法について」、「河道内樹木の維持管理および萌芽抑制対策」、「覆礫を伴う連続帯工による河床低下対策」等の10項目について技術部職員が発表しました。

GIS講習会

ESRI社から講師を招き、ArcGISの基本操作について初心者向けの講習会を開催しました。

安全大会

カミヤマビル4階会議室にて安全大会を実施し、独立行政法人 労働者健康安全機構北海道産業保健総合支援センター 副所長 八反田 健 様 より「働き方改革推進法における労働時間法制の見直し」について講演をして頂きました。

創立30周年技術研修会

広島県広島市、愛媛県松山市にて3日間にわたり土砂災害の現地視察や河川整備、まちづくりの状況等を研修し、意見交換をしました。

CAD講習会

テクスプローラ社から講師を招き、AutoCADの基本操作について初心者向け講習会を開催しました。


ドローン講習会

HELICAM社のドローン講習会に若手社員3名が参加しました。2日間に渡り、ドローンの基本操作、留意する法律・規制等の知識を習得しました。

Pickup

河畔林管理について

2017.5

河畔林の機能と治水上の課題、維持管理の考え方、維持管理計画の立案、当社の事例を取りまとめたものです。

中小河川における浸水想定区域図作成

2016.10

洪水浸水想定区域図の作成にあたっての留意事項を取りまとめたものです。

河床低下対策の検討

2015.4

河床低下における課題、検討の流れ、河床低下対策などを取りまとめたものです。

河川の津波遡上検討

2013.12

河川における津波対策の検討の流れ、計算方法などを取りまとめたものです。

Services